C.C.R Best 20/Creedence Clearwater Revival

http://flama.blog64.fc2.com/

フラメンコの動画 | →カホンあれこれ | →札幌のロックバー/ミュージックバー
C.C.R Best 20/Creedence Clearwater Revival
2006-04-27 Thu 20:19

関連用語: CCR  ロック  クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル  レコード  50s60s洋楽 

クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル。

通称しーしーあーる。

フルネーム言う人はみたことがない、というくらいしーしーあーるが本当の名前の気がする。まあその辺はいーえるぴーも一緒か。

 中学の時なぜか我が家にあったレコードで(たぶん姉が買ったんだろう)、そのまま延々自分のものにしております。

 1973年発売。全18曲というお得感のあるレコード。これにくらべりゃマイク・オールフォフィールドのチューブラベルズなんてたっt(略
 一番短い曲が「トラベリン・バンド(Travelin'Band)」の2分6秒。曲始まって2分6秒ってクリムゾンならまだ(略



 ノリノリの曲も楽しくていいんだけど、この中じゃなんといっても「光ある限り(Long As I Can See The Light)」。これは何回聴いても泣ける。オルガンとしゃがれたシャウトがいいなあ。初めて聴いた時から好きだった。いと渋し。で、これR&Bというかゴスペル風味なんですかね。

 「雨を見たかい(Have You Ever Seen The Rain)」は確かたいてのカラオケにあったんじゃなかろうか。一緒に行く奴誰も知らないので歌ったことはないですが。

 ラストの「サムデイ・ネバー・カムズ(Someday Never Comes)」の淡々とした物悲しさというか切なさがなんともたまらない。

 こういうのを聴いてると酒と煙草が欲しくなってしょうがないです。


クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル 今頃気がついたけどなぜ全18曲なのに何故タイトルが「C.C.R Best 20」?

 なんでだろ?


関連記事
-洋楽ロック | コメント:0 | トラックバック:0 
<<Pink Floyd VS Yes VS Mike Oldfield | 【 光と音と 】 | Screw Sex's/スクリューセックスズ 1980-1991、札幌>>

タグリスト TOP40

この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| 【 光と音と 】 |
track feed 光と音と